Seaside Laboratory

Post

羅刹脚のスプライトに迫る (2)

ぼやけていない羅刹脚の画像を見つけたので、再度検証してみることにした。


JPEG 特有のノイズはあるものの、ドットのエッジは残っている。


ドットバイドットになるよう縮小。

前回は上半身にどのスプライトが使われているかわからずに終わってしまったが、再調査の結果、屈み中パンチの出際であることが判明した。

下半身は波動拳がベースになっていることはわかっているので、それぞれを結合してみると・・・。


かなり似たものが出来上がった。

残りは足の先端部のみとなったが、該当スプライトが見つからないことと、左足の胴着部分は明らかにドットを改変しているので、元となるスプライトはないのかもしれない。