Seaside Laboratory

Post

Proxomitron から Proxydomo への移行

長い間 Proxomitron を愛用してきたが、メンテナンスが停止しているのと、SSL 関連が色々と面倒だったので Proxydomo へ移行することにした。

ポート番号

Proxydomo のデフォルトポート番号は 8080 ではなく 6060 なので、ソフト側を 8080 にするか、ブラウザ側を 6060 に変更する必要がある。

フィルターのインポート

Proxomitron のフィルターのインポート手順は、以下の通り。

  1. Proxomitron の設定 default.cfg をテキストエディタ等で開く。
  2. 内容を全て選択してコピー。
  3. Proxydomo の「クリップボードからインポート」を押す。

最初、このやり方法を知らなかったので default.cfg を変換するプログラムを作ってしまった。せっかくなので、その際に調べた設定ファイルのデータ構造を書いておく。

項目 Proxomitron Proxydomo
フィルタ名 Name title
アクティブ Active Active
複数のルールのマッチを許可する Multi multipleMatches
範囲のマッチ Bounds boundsPattern
URL のマッチ URL urlPattern
バイト制限 Limit windowWidth
マッチさせる語句 Match matchPattern
置換するテキスト Replace replacePattern

XML なので HTML と同じようにエンティティーのエスケープが必要。改行が数値文字参照になっているのがちょっと特殊。

$LST

Proxomitron の $LST はファイルにリスト名を割り当ててアクセスする方式だったが、Proxydomo ではファイル名がリスト名として使われる。

$LST の指定方法は lists フォルダ以下にあるテキストから拡張子を消したものです

Proxomitron のフィルターを書き変えたくない場合は、ファイルをリスト名でリネームすればよい。

$FILE

絶対パスを記述すると動作しない。Proxydomo のディレクトリを基準とした相対パスにする必要がある。

ログウィンドウの色

デフォルトのログウィンドウは白背景で見づらいので、settings.ini を書き換えて色を変更する。Proxomitron と同じカラーリングは以下の通り。

[LogWindow]
COLOR_BACKGROUND=000000
COLOR_REQUEST=00FF00
COLOR_RESPONSE=FFFF00
COLOR_FILTER=FF00FF

ウェブフィルターデバッグ

デバッグ表示のフォントが等幅じゃないのでかなり見づらい。画面表示には ViewSource.css という CSS が使われているので、font-family を等幅フォント (monospace 等) にしたスタイルをユニバーサルセレクタとして追記すればよい。

https でのフィルタリング

オプションにある「CA 証明書を生成」ボタンを押すと Proxydomo のフォルダに証明書ファイルが生成される。認証局を通していない、いわゆる「オレオレ証明書」なので、ブラウザに証明書を登録しないと警告が表示されて使うことができない。IE での登録手順は以下の通り。

  1. メニューにある「ツール」から「インターネットオプション」を開く。
  2. 「コンテンツ」タブを選択し「証明書」ボタンを押す。
  3. 「インポート」ボタンを押すとウィザードが起動するので先程生成した ca.pem.crt を指定する。
  4. 証明書ストアには「信頼されたルート証明機関」を指定する。
  5. セキュリティ警告が表示されるので、そのまま「はい」を押す。

成功すれば証明書機関の中に「Proxydomo CA」が登録される。有効期限は 1 年なので定期的に更新する必要あり。

Proxomitron だと ssleay32.dll/libeay32.dll が必要で、入れてもうまく動かなかった覚えがあるので、これだけ簡単に SSL が使える UI は素晴らしい。

SSL の落とし穴

Windows Update を実行すると何故かエラーで止まってしまう。表示されているエラーコードで検索してみると、

日付と時刻の設定が正しくないと、更新プログラムをチェックするときに
Windows Update エラー 80072F8F が表示されます。

と書かれていたので、桜時計で同期してから再実行してみたが変化なし。さらに調べてみると、プロキシーが怪しいという情報を見つけたので、IE のプロキシー設定を解除したらうまくいった。

「ユーザーの手動操作」にて Windows Update を実行する場合:
ユーザーに紐づく Internet Explorer のプロキシ設定が参照されます。

Proxomitron の時は SSL 通信が Pass-Thru になっていたので、たまたま動作していた模様。