Seaside Laboratory

Post

外付け SSD ユニットの組み立て (2)

現在使用中の SSD が容量不足になってきたのと、使用年数も長くなってきたので新しい SSD を購入。


SanDisk 製 SDSSDHII-240G-J26。


玄人志向 GW2.5US-SU3/SV。

SSD の値段は 240GB で 1 万円弱。6 年前に購入した SSD は 128GB で 3 万円を超えていたので大分安くなった。

以前の SSD はプチフリーズ (というか二度と制御が返ってこないのでフリーズ) が多発したので、メーカー側でテスト済みのディスクとケースがセットになっている外付けタイプを買う予定だったが、買う人があまりいないのか、扱っている量販店がほとんどなかったので、前回同様、別々に買って組み立てることにした。


説明書が簡素な割に取り外しの難しいツメをはめ込むタイプのカバーで開けるのに少々苦戦。

組み立てが終わったら PC に接続して「ディスクの管理」からフォーマットを行う。

見慣れない GPT という単語が出てきたが、Wikipedia によれば、

従来の MBR パーティションが、テーブルのパラメータから、1 セクタ 512Byte で定義した場合、
最大 2TiB 迄の領域までしか管理できないのに対し、
GPT では、最大 8ZiB 迄の領域を定義、管理できる。

とのことなので、多くの環境で使える MBR を選択。

フロッピーディスク時代を長く過ごしたせいか、初回はクイックではない通常フォーマットを選ばないと何かすっきりしない。おかけで、フォーマット完了まで 40 分程待たされることに。