Seaside Laboratory

Post

ブロッキングアニメーションの謎

カプコンの格闘ゲームは相手が攻撃モーションに入っている状態でガード入力をすると、実際に攻撃が当たるかどうかにかかわらずガードポーズを取り始める。

ニュートラルからガードへ移行する際のアニメーション時間を確保するための措置だと思われる。

同じ防御システムに属するブロッキングは有効時間内に攻撃を受けたら成立するというシステムなので、ガードのように移行アニメーションを表示する暇がない。つまり、成立するかどうかわからないブロッキングを事前に開始することは不可能、というわけである。

ただ、ネット上で拾ったブロッキングの GIF アニメーションには移行時の絵が含まれていたので、どんなからくりを使って表示しているのか気になっていたが、ブロッキングをスロー再生している動画を見つけたことで、長年の疑問に終止符が打たれることになった。

動画はまこと (ブロッキング側) とケン (攻撃側) の対戦なので、まずはまことがブロッキングしている時のスプライトを確認。

次は動画から切り出したブロッキングの瞬間。

移行アニメーションはブロッキング成立「後」に始まる、というのが正解だった。アニメーションの表示時間は数フレームという短時間のため視認が難しく、体感できるほどの遅延が発生するわけでもないので、これで問題ないということになったのだろう。

ただ、X.N.D.L. のような多段技をブロッキングすると、移行アニメーションが終わる前に次のブロッキングが発生して表示が少し変になる。

ブロッキングの正確なアニメーション内容を知ることができたので、KFM のブロッキング時の変色エフェクトを原作寄りに変更してみた。


右が修正後。