Seaside Laboratory

Post

Let's note (CF-LX3) 購入

もうそろそろ新しい環境に適応せねば、ということで新型の Let's note を購入。前回買ったのが 2007 年なので 7 年ぶりの買い替え。


CF-LX3。

Let's note は液晶がやたら青白いという謎の特徴があるので、カスタマイズ作業はディスプレイの色調整から始まる。CF-LX3 に使われている液晶は以前に増して見づらく、初期設定のバックライトが強めの状態だと、見る位置が少し変わるだけで色ムラが発生したり、色の調整も単純に青を抑えるだけでは満足のいく発色にならなかったりする。

もうひとつ必要なカスタマイズ作業が Ctrl と Fn の交換。キー信号の交換だけなら BIOS の設定を変更するだけで済ませることはできるが、見た目と出力が違うと混乱してしまうので、キートップの交換はやっておきたいところ。そこそこ値段の張る新品ノート PC のキーボードを早々に引っぺがすことになるので、同じようなことをやる人がいるのであれば、公式サイトにある「キーボードのキートップが外れた場合の取り付け方法」に掲載されているキーボードの構造を予習してから作業することをお勧めする。

キートップ側に部品が付いた状態で外れた場合は、
破損していますので当社修理相談窓口に修理を依頼してください。

こんな事が書かれているので剥がすときは慎重に。


交換完了。今回のキーボードは右側にも Ctrl と Fn があるので作業量が多い。

OS が Windows 8 になってわかったことは、UI がクソすぎて使い物にならないということと、サターンパッドが認識されない悲しい OS であるということ。早く HID ドライバ更新してくれよなぁ~頼むよ~。