Seaside Laboratory

Post

KFX でメガキャラ

以前は Java ランタイムの問題やマシンパワー不足で拡張エンジンを使うことができないという状況もあったが、問題がほぼ解消された今でも自分のキャラクター作成基準は KFX だったりする。KFX は本体仕様が貧弱なので見栄えの良いキャラを作るには、スプライトの詰め込みやモーションのチューニングは避けて通れない。

KFX の限界に挑戦するという行為を好んでやっている認識はあったが、ふと「メガデモ」という言葉を思い出し、自分がやっていることはメガデモなんだと気が付いた。一応、メガデモの定義をニコニコ大百科から引用しておく。

コンピュータサブカルチャーの一つであり、一言で表すならば
「限られた容量にどれだけコンテンツを収められるかという美しさを追求する文化」
だと言えるだろう。

enemy.lst の技術を競い合う King Of Enemies のように、キャラ作成技術を競い合うメガデモならぬメガキャラなんてものがあったら面白いのかもしれない。例えば、同じ素材を使ってキャラを作成してみるとか。


chara.bmp の中がパンパンだぜ。

ただ、リソースを大量に使いたい、使ったキャラが好きという人が多そうなので、共感できる人は少数派だとは思ってる。KFX の歴史は技術開拓の歴史といっても過言ではないので、たまには普段と違う場所で遊んでみるのも悪くないと思うのだが、どうだろうか。