Seaside Laboratory

Post

KFM 開発環境を変更

コンパイル時間増加に伴い、開発環境を専用機からメインマシンへ移動。Visual C++ や DirectX SDK をインストールするのが面倒なので、BCC Developer を使っている。インテリセンスがないのがちと不便だが、まずまずな環境。

新環境でコンパイルして実行したら、自ら設置した 16 ビットカラー制限に怒られてげんなり。旧メインマシンも開発専用機も 16 ビットカラーだったが、近年は 32 ビット環境が当たり前。

ということで、後回しにしていた 32 ビットカラー対応コードを書いて、ウィンドウモードでも実行に対応。表示色が増えているのに、素材のせいか特に見た目変わず。うぅむ。