Seaside Laboratory

Post

Borland C++ Compiler で遊ぶ

BCC で遊んでいるうちに KFM をコンパイルしたくなったので、試しにコンパイルしてみたところ色々うまくいかない模様。調べてみたところ付属のファイルだけでは足りないものがあるようなので DirectX7 SDK から以下のファイルを補完をすることに。

/include/dls1.h → /bcc55/include
/lib/borland/dxguid.lib → /bcc55/lib/PSDK
/lib/borland/dinput.lib → /bcc55/lib/PSDK

この状態でコンパイルすると "Error processing module" というエラーがでるので、付属の tlib を使って dinput.lib の組みなおしを行う。ここまでやればコンパイルは正常に進み、実行ファイルを生成することが出来ます。

やはり気になるのは実効速度ということで VC6 版と BCC 版を比較してみましたが、ほとんど同じ速度で驚き。BCC と BCC Developer を組み合わせれば、かなり使える環境になるんではなかろうか。

詳しいことは、Borland C++ Compiler で DirectX プログラミングに書いてあるので、参照してみてください。