Seaside Laboratory

Post

PC-8001 用カセットテープの吸出し

部屋のスペースなどの関係で、PC-8001 用カセットテープを CMT ファイルへ変換中。カセットは 0 と 1 のビットを 1200Hz と 2400Hz の周波数に対応付けた音として記録する方式なので、オーディオテープと同様、経年劣化の影響をかなり受けてしまう。

ツールの癖など、吸い出しにはコツがいるので、自分がやった手順を備忘録として書いておく。

  1. カセットデッキの出力をステレオモノラル変換ケーブルで PC のマイク端子へ繋ぐ。
  2. ラジカセのボリュームは最大にして、低音強調のようなエフェクトをオフにする。
  3. 再生したものをサウンドレコーダー取り込み、WAV ファイルに保存。
  4. 重ねセーブしているカセットだと前後にゴミデータがあるので削る。
  5. WAV ファイルの音量が小さい場合は大きくしておく。
  6. CMT-8001 の設定を BEST モードにして変換する。

ゴミデータを削ったり音量を大きくしたりしているのは、ツール側での誤認識や読み取り精度低下を防止するため。ちなみに CMT-8001 の周波数検出モード設定はマニュアルによると、BEST は 0 レベルを基点に再度 0 レベルへ戻る間隔を検出するモードで、GOOD は + と - のピークの間隔を検出するモードとのこと。


変換が成功したときの画面。


変換したデータをエミュレーター上でロード。


はるみのゲームライブラリーより「平安京エイリアン」。