Seaside Laboratory

Article

スーパーストリートファイター II X リバイバルのバグ技

スパ II X の GBA 版移植。

移植度はそこそこなので、原作で出来るコンボは再現可能。アッパー昇龍拳の最後が空振るといった基本的な部分の詰めが甘いのが残念。

SFC 版のスーパーストリートファイター II のスプライトを使いまわしているせいなのか、古くからある必殺技のスプライトは SFC 版と同様に枚数がカットされている。

左がリバイバルで、右が SFC 版。暗い液晶で見やすくするためか明るめの配色になっている。

裏技概要

隠しキャラである豪鬼と真・豪鬼に隣接しているキャラを選択する際、カーソルを移動しながら決定をするとバグったステージで遊べるという裏技。おそらく、同時押しによって内部のステージ番号がずれてしまうのが原因かと。

このバグを起こさせるには、以下の条件が必要。

  • カーソル移動先のキャラがリュウ、ケン、豪鬼、真・豪鬼のどれか。
  • 選択したキャラのステージが使われるゲームモード。

左に移動しながらと、右に移動しながらでステージのバグり方に違いあり。隠しキャラと隣接していない本田からリュウといった移動は意味がないので注意。

バグステージ一覧

豪鬼→リュウ
ステージの内容が豪鬼のものになるだけ。
リュウ→豪鬼
何故かボーナスステージ。
普通に破壊する事もできる。
地形効果を利用すれば永久コンボも可能。
逆に利用される。張り手が止まず無事死亡。
何故かコンピュータだけ車との接触判定がない。
真・豪鬼→ケン
体力ゲージ付近の顔と BGM が豪鬼のものになる。
画面端に隙間が。
正常な時のステージ。隙間なくピッチリと配置されている。

ケンステージを豪鬼ステージの座標データで表示しているのが原因と推測される。リュウステージは豪鬼ステージの色違い程度の差しかないのでうまく表示されているのだろう。

キャラクターも豪鬼扱いなのか昇龍裂破で天フィニッシュになる。
ケン→真・豪鬼
豪鬼が車だったので今度は樽か。
車と同様に壊せるが少し表示がおかしい。
樽が全部放出されると強制的に K.O. となる。
そして次ラウンドで仕切りなおし。ROUND 2 て。
トレーニングモードだとずっと DRAW になる。その後、強制的に選択画面へ戻される。
試しに 20 個全部破壊してみたが結果変わらず。
真・豪鬼→豪鬼
むちゃくちゃなオブジェクト配置。
表示以外はいたって普通。
豪鬼→真・豪鬼
これも表示以外はいたって普通。

おまけ

大昇龍で破壊すると微妙な位置に乗っかるので浮いているように見える。
中トマホークでも浮く。もはやどこに座っているのかわからない。